自然薯で作る日本の風物詩・山芋グリーンカーテン用途別の設置例

   やまいもまつりネットワークの緑のカーテン推進運動

一石三鳥の自然薯カーテン
  古来より活用されていた自然薯を使った緑のカーテンですが、今、新たにこのエコで美味しい山芋グリーンカーテンが注目を浴びています。古くて新しい先人の知恵をこれからの日本の風物詩にしようと普及活動を進めています。課外学習・食育などにも活用できてイベント力もアップ!地域の交流に貢献することは間違いありません。

  特集トップ 山芋カーテン設置例  山芋カーテンの作り方  緑のニューディール作戦  山芋カーテン会員募集

□やまいもまつり(有)- サイトマップ

○ 自然薯グリーンカーテン用途別の設置例

自然薯グリーンカーテンの作り方

日本の風物詩となれ!山芋グリーンカーテン
「じねんじょう」は自然に生えるところから自然生と呼ばれる希少な日本原産種の作物です。古来より、美味しい健康食として愛されてきた山の恵みです。
春から秋にかけて、ハート型の可愛い蔓葉が群生しますので、涼をよぶ日よけに最適です。夏には花が咲き、ハナタカメンがぶどうの房のように垂れ下がり、ムカゴも出来ます。晩秋には、他の植物に先がけて、きれいに黄葉し、冬枯れの頃には地中の芋が充実します。  お楽しみに!

子供たちを対象に食育や課外活動、またコミュニティーの交流活動等、温暖防止以外での活用も様々考えられます。ぜひご挑戦くださいませ。

 

 

 


自然薯は強い植物です。その力を生かしたエコロジー栽培で涼しい夏を演出します。
プランターやちょっとした空き地、荒れ地でも育ちます。教材や食育にも利用ができる日本原産種の植物です

○ 自然薯グリーンカーテンの特長と多様な活用方法


〔用途・効果〕

 ○通常のカーテンやすだれと同じく 遮光効果 があります。
  ゴーヤのように下部が枯れ落ちません。
 ○葉が蒸散する(水分を水蒸気として排出する)ことで周りの熱を
  奪うため、涼しい風が流れ込みます。
 ○無肥料・無農薬で安心安全。
 ○多年性で毎年ツルがでます。
 ○自然観察・体験学習などの自由研究にも最適です。

 竹を使って自然薯とその実である零余子(むかご)の炊き込み御飯ぽんぽら飯を炊きました
※秋に撮れるムカゴを使った「むかご御飯」や山芋と一緒に炊き込んだ郷土料理
 「山子ごはん」を楽しむことができます。
 また竹などを使った「ポンポラ飯」などの具材にも最適です。


●自然生のグリーンカーテンを設置希望の方は → ご一報下さいませ。
山芋まつり会員募集中
じねんじょう山芋(自然薯)と私たちの暮らしをつなぐために、グリーンカーテン普及をはじめ、
山芋の伝統食を使った食育活動など、やまいもまつりネットワークでは仲間を求めております。

 


自然薯のやまいもまつり有限会社ロゴマーク自然薯のやまいもまつり有限会社キャラクター
■〒745-0851 山口県周南市徳山1019-90 ■TEL.(0834) 32-0873 ■FAX.(0834) 32-0988 ■Eメール