じねんじょう山芋を活用した地域振興プラン「おっとろろ元気村構想」 

やまいもまつりネットワークの地域づくり『グローバル構想』
□やまいもまつり(有) - サイトマップ

○ 多くの可能性を秘めたじねんじょう山芋の加工や販売事業のご提案。連携いただける事業者・企業を求めています


地域活性化プラン特産化事業種芋資料請求開業オーナー募集一街一店繁盛店調理用サンプル会社情報

農業ビジネスに挑戦してみませんか?6次産業の提案

昨今の農業への関心の高まりは一時的なブームでは決してありません。
これからの社会の根幹にかかわる農業を長期的に見直し、他産業との調和やバランスがとれて、活き活きと機能することができる「食と農が密接した社会」が強く求められているからです。
単なる一次産業としての農業だけではなく、第二次、第三次産業の付加価値を地域や農業者に還流しうる「生命総合産業」というべき、文字通り1+2+3の6次産業としての生命総合産業が求められています。
  魅力ある未開拓分野の自然薯市場 高価値の山芋
  じねんじょう山芋(自然生)は、希少性、健康機能性、安全性に加え、加工産物にそのままの特性が付加できる。さらに神仙・神秘的なイメージをあわせ持ち、日本原産種としても数少ない作物である。
まさに多機能・高価値創造型の作物で、可能性と魅力にあふれた未開拓の農業分野・市場といえます。
  尊重すべきは共益から得られる私益と公益です
 

恊働から産み出された成果と価値は、等しく分配でき、農業者やその地域にとっても活性化の大きなエネルギーとして還流したいものと考えています。

   ※一部「今村奈良臣氏のメッセージ」から引用しました。

共生ビジネス構想への誘い。新事業・6次産業へのご案内

.

 

新事業・6次産業へのご案内

 自然に生えるところから自然生「じねんじょう」と呼ばれる山芋のことを皆さんはご存知でしょうか?一般的にヤマイモといえば、ナガイモやイセイモ、ヤマトイモなどスーパーにも並んでいるものを連想されるかもしれません。然し、これらのヤマノイモ類は、天然種山芋の代用品として、中国や南方から輸入して育種した栽培種の野菜です。
 日本の山野に自生している山芋は「日本原産種の山芋」で学名も「ジャポニカ」という現代の食材としては希少な山菜です。松茸と自然生は栽培できないとされ、人の手が加わらないまま野生の状態で現代に到っています。農耕や米が渡来する以前には、私達の祖先の主食を担って来たものでもありますから、私達の遺伝子には古来よりこの山の幸に育まれてた記憶が残っているようです。この山菜の風味を口にしたとき、ほのかに感じるなつかしさのような心身のゆらぎは、そんなところからくるのかもしれません。太古の生態を今なおつないで、日本の山野に自生しているその生命力は神秘的でさえあります。
じねんじょう山芋の優れた特長
 それほど野性的な活力を持ちながらも栽培は難しい。何故か?それは不自然な環境に敏感でもあるからです。人間の都合に合わせて育種した作物は、肥料で効率よく育つわけですが、自然界の生物は、光と空気と水の同化作用によって、何千年の大木も育っています。過剰な肥料は植物を軟弱にして、免疫を失わせ、病気になり、農薬を使わねばならないという悪循環に陥ります。
 飽食と膨大な医療費の悪循環を繰り広げている、昨今の人間界にも同様の現象がありそうです。事程左様にこの古くて新しい山の幸を特産化事業とするには、自然の摂理を踏まえた対応が大事なのですが、多くの場合、1年か2年はその原理に素直に、謙虚に取り込んで、うまくいきますが、そのうち自分が何かを作った造物主のような錯覚を起こして、欲が出て、何か余計なことをしたり、必要なことをしなかったりしてうまく行かなくなります。全国各地、何処でも似たようなことをして、おもしろいくらい全く同じパターンになっています。
 人は生命細胞ひとつたりとも創造出来ません。出来るのは生命を育む環境づくりという役どころがあります。業界では「自然生は人を観る」とか「作り手の根性が表れる」といわれたり、故事来歴、エピソードにも事欠かない産物です。
じねんじょう山芋の加工事業、販売事業、外食事業、特産化事業
じねんじょう山芋の関連事業1 地域活性化事業
「独立・開業」店づくりに関して じねんじょう山芋の関連事業2 お土産・物販に関して
地域活性化プラン「おっとろろ村構想」の詳細はこちらから

こんなにおもしろくて、希少価値のある自然の恵みを社会の経済活動に活かしたいと考えるのは当然のことで、一村一品運動の頃から各地で特産化事業が手掛けられたものの、先述のように生産基盤が整わず、話題性やニュース性が先行する割には大きな事業に至っていないのが現状です。最近になってようやく生産面、1次産業面の見通しが開けてきましたので、これからは2次・3次産業との連携による事業展開を計る時が来たものと考えております。
 時流は折しも、自然食、健康食、美容食、日本食。食育ブームであり、その追い風を生かした付加価値の高いビジネスモデルを模索しているところです。興味や関心を持たれましたら、一声かけて下さい。また一度お召し上がり下さい。きっと元気が出ますよ。

 

 ●事業詳細と事業診断アンケート



一般店舗、外食店、直売所、朝市など、業種・業態に限らず、幅広い店舗にて取扱いが可能です。特に中高年の顧客層をもっている業種・業態には向いているかと思います。(ゴルフ場での取扱いなどが多いです)
自然志向・健康願望・本物志向の熟年世代には多くの支持をいただき、最適のアイテムになるかと考えます。
最近話題の若返り成分のサプリメント効果で、美食・美容願望の婦人層にも最近は大いに注目を頂いております。

本物志向や健康指向のユーザには最高の訴求品です。自然薯の贈答品.みやげ品のアイテム例一覧
★業種・業態に見合った商品の設定を承ります。ご相談下さい。


自然薯のやまいもまつり有限会社ロゴマーク自然薯のやまいもまつり有限会社キャラクター
■〒745-0851 山口県周南市徳山1019-90 ■TEL.(0834) 32-0873 ■FAX.(0834) 32-0988 ■Eメール