食育レシピ.1【子供が小さいうちに食べておきたいロハスな山芋料理】

   自然薯の食文化を継承していきたい・・・
山の幸、自然の恵みを多くの人に届けたい
  じねんじょう山芋の食文化は、古くからの伝承文化として、また、健康機能性の高さを含めて最近、大きく注目されています。
「とろろ汁」を中心に、煮る・焼く・揚げる、四季折々に合わせた山里・郷土料理の調理レシピをご用意しました。
オーガニックでロハスな食材「じねんじょう山芋」のあるロハスな風景を自宅の食卓で贅沢に作り出してみませんか?

    自然薯レシピ一覧 歳時記レシピ  調理のQ&A
□やまいもまつり(有) - サイトマップ

三世代で楽しむ最適の和食の食材・料理!

 ■ロハスな食育レシピ.1

子供の内から食べさせておきたい山芋料理

古くて新しい食文化を受け継いでいきたい…

今の時代、ありあまる食の豊かさが、かえって食の乱れを生み出しています。また、核家族化や社会の変化などで、食文化を子供に伝えるということがなかなか難しくなってきました。
食は、健康、生活、そして精神かかわる、生きるための必要な土台です。食が乱れると、生きる力が損なわれてしまいます。こうした食の文化の乱れを直し、正しい食の知識を引き継いでいくのが「食育」です。
食育とは、食を通して生きる力を育むことです。正しい食習慣を身につけることは、単に望ましい食事をとることだけでなく、家族の絆を深め、自立した食生活を営むための基本的な力を育むことにつながります。



三世代で取り組みロハスな食育レシピ

作る・味わう・片付ける。三つ揃ってはじめて食育

食べたいものを考える。そして材料をそろえ、調理し、片づけるまでの一連の作業すべてが食育となります。こうした作業を行う中で、調理技術や、食に関する知識、マナーが身につき、それが「人が自立して生きていくための力」となります。また、食物や食物を作っている人たちへの感謝の気持ちも芽生えます。
子どものときに出来合いの簡単な食生活しか与えないと、食に対する感性や食を通じた社会性を得る機会が減ってしまう恐れがあります。それをふせぐには、親がまず、毎日の食生活をよく考え、手作り感のあるお料理をすることが大切です。そして、食事作りに子どもたちを参加させるようにしましょう。これは教育というより共育と言えます。



自然薯レシピ一覧にもどる


季節の折々に・・・旬な歳時記レシピちょっと贅沢な食卓を・・・



歳時記レシピに尾びれ背びれがついて…世間話かレシピ紹介かわからない!?


★ロハスな自然薯(天然種山芋) のお取り寄せは、Eストア(直販サイト)で・・・
各種ご贈答 ・自家用 ・家庭菜園用の種芋 ・業務用の山芋などを直販しております。
送料なしのご優待商品などが購入できる 会員登録 も行っておりますので是非ともご活用下さいませ。
下のバナーより「ロハスな自然薯・やまいもまつりEストア」へジャンンプします

ロハスな自然薯・やまいもまつり携帯販売サイト ロハスな自然薯・やまいもまつり 


自然薯のやまいもまつり有限会社ロゴマーク自然薯のやまいもまつり有限会社キャラクター
■〒745-0851 山口県周南市徳山1019-90 ■TEL.(0834) 32-0873 ■FAX.(0834) 32-0988 ■Eメール